会社ホームページ作成のポイント

会社ホームページ 集客方法 7つのコツ これだけは知っておこう

会社ホームページ 集客方法 7つのコツ これだけは知っておこう

何故あなたの会社ホームページには問合せが無いのか?高額な管理費を掛けてもおしゃれなデザインにリニューアルしてもぜんぜんヒットしない!集客効果が無い!そんな企業様のホームページをより効果的な営業戦略ツールとしてご提案するものです。

 

さまざまな業界がありそれぞれのニーズ・マーケットがあります。当然そこにあるエンドユーザー様の目的もいろいろです。ネット上にはさまざまな情報があふれています。その情報が必ずしも御社にとって当て嵌まる情報か否か?それらを鵜呑みにして自社のWEBサイトに当てはめるのは危険です。

 
【ホームページ集客UP7つのコツ 会社編】



○企業WEBサイトにとって役に立つ基本SEO対策知識
○企業WEBサイト集客方法
○潜在顧客(ユーザー)の把握
○営業ルートでのWEBの活用
○展示会でのWEBの活用
○資料ダウンロードの活用
○問い合わせ(TEL・FAX・WEB)の活用

 

-----------------------------------------------------------------------------------
○企業にとって集客に役に立つ基本SEO対策知識
-----------------------------------------------------------------------------------
「SEO対策」=>「キーワードの選定」=>「マッチング」がポイントです!

 

「SEO対策」という単語だけ独り歩きしていて多くのネットユーザーが勘違いしている事に気付きます。まず、SEO対策=業者への支払い金額ではありません。
 

今やSEO対策は自社内でも充分そのノウハウを知ってWEBサイト内に施す事も可能です。それには自社の「売り」となる製品・サービスとそれを求めるネットユーザー(新規見込み客)との検索キーワードがマッチングする事が重要です。これが「全て」です。
 

エッ!何それ?と思う方も大勢いるかと思います。それではもう少し詳しくご説明致します。
 

そもそもSEO対策とはGoogleやYahoo等の検索エンジンで自社のWEBサイトが上位に出るにはどうしたらいいのか?というスタート時点でのあなたの発想が違います。

ユーザーが求める情報をよりわかり易く早く見つける事が出来るように情報を集約したものがGoogleやYahoo等の検索エンジンです。大事な事はユーザーが検索する「キーワード」はユーザーにとって有意義で最もふさわしい情報が最も簡単に集約された「単語の組み合わせ」という事です。


何故キーワードが一番重要かと言いますと、検索者は自分の探しものを言葉に変えて入力します。その時の言葉がキーワードです。相手の気持ち(検索者)になってキーワードを想定しなければ意味がありません。相手はあなたのサイトを知りません。あなたがどんな人で何を考えているかもわかりません。ユーザーが欲しいのはただ情報を必要としています。

 

・役立つ情報。
・お得になる情報。
・必要な情報です。
・興味の湧く情報です。



そこに一致しなければなりません。

また、いわゆるビッグキーワードばかりを追いかけないで下さい。ヒット数ばかりに注目しないでください。あなたのサービスを本当に必要な方は必ずあなたを見つけるキーワードを打ちます。

それは、あなたのサイトにあるサービスであり、情報です。相手(ユーザー)の気持ちになってキーワードを設定しましょう!


【興味】→【メリットの判断】→【比較】→【決断・アクション】→【問い合わせ】

 

SEO対策知識


-----------------------------------------------------------------------------------
○企業WEBサイト集客方法
-----------------------------------------------------------------------------------
「集客方法」=>「インターネット」=>「SNS」がポイントです!

 

集客方法の代表的なものは上記にあるGoogle、Yahoo等の検索結果からの閲覧を通して貴社のWEBサイトを知ってもらう事でしょう。
他にもGoogle、Yahoo内の広告欄を利用する。この時に単に自社のTOPページへリンクさせるのではなくユーザーの目的とする該当ページを表示するようにしましょう。もし余裕があれば単発のPRだけのページを作ります。「ランディングページ」と呼ばれるものです。広告ページです。

 

集客方法にはTwitterやFacebookなどのSNSも効果的です。もちろんブログサイトも利用下さい。今後はこのソーシャルネットワークが最も集客方法の中でも重要になるのではないでしょうか?何故なら実際の人間が感じた印象がSNSを通してネット上に流れそれが横のつながりとなって目的のWEBサイトを閲覧するからです。これは現実のユーザーの動向となり、今何が欲ッせられていてどのWEBサイトが多くに見られているかが顕著に表れるからです。


もし、あなたの会社の新商品がTwitterやFacebookでヒットして多くのアクセスからあなたの会社のホームページが見られるとその時点でGoogleやYahoo等においても検索結果の順位が上がる可能性はおおいにあります。あくまでもSNSやブログサイトも情報提供の手段にすぎません。実際の商品やサービスが「いいものである事」「より便利なものである事」「より幸せをもたらすもの」で無ければなりません。

 

企業の場合にはよく展示会やお客様相談会等を通して自社の簡単なPR用のDVD等を用意する事をお薦めいたします。

 

企業サイトの場合、ネットからの集客を考える場合に単にアクセス数を増やす事より、相手側の目的(ニーズ)を知る事のほうが重要です。新製品を売りたいのはやまやまですが、始終新製品を出せるのは大手企業だけです。一般の中小企業では年に数点もしくは数年に1点の場合もあるでしょう。自社の取扱い商品とサービスの中で「何が」集客の種となるか?を考えるべきでしょう。

 

例えば、大手企業では出来ない「特殊な専門技術」とか「機械では出来ない職人の感」とか「圧倒的な精度が短期納品可能」とかです。自社の「売り」と市場での「要望」が一致する事が集客への第一歩です。

 


-----------------------------------------------------------------------------------
○潜在顧客(ユーザー)の把握
-----------------------------------------------------------------------------------
「潜在顧客」=>「興味はあるが検討中」=>「興味から教育へ」がポイントです!

 

何が商売になり何が儲かるかは結構身近なところにある事もよくあります。自社のサービス・製品はこれで全てと変える必要は無い!今までやってきたから今後もこの方針でいく。と決めてしまった瞬間からその商品やサービスは少しづつ古くなっていきます。ましてこの時代同じようなサービス・同じような商品は競合サービスはごまんとある訳です。今は消費者はより安くよりいいものを選ぶ事になれており商品知識も昔よりはるかに高く賢くなっている時代です。「売れない時代」「モノがあふれる時代」での企業は自社製品やサービスにプラスアルファ―の要素がどれだけ取り込めるかが生き残りのPOINTです。

 

それには消費者の動向を知る事です。そこに潜在的なニーズがある筈です。

 

ホームページを通して潜在顧客(ユーザー)の動向を把握する事が出来ます。アクセス解析です。初めてこの言葉を聞いた方のためにこれからご説明致します。アクセス解析とは自社のホームページに「どんなキーワード」「どんなページ」を「どれくらいの数の人」が見に来たのか?また、どれくらいの時間見てくれていたのか?をおおよそですが想像する事が出来ます。それらのアクセス解析を使ってまだ自社の顧客になっていない潜在ユーザー達が何を求めているのかを想定します。

 


アクセス解析の中から潜在顧客の「悩み」「苦悩」を知る事が出来れば次はその解決策を新規ページとして制作し自社のWEBサイトで公開します。すぐには結果は出ません。企業取り引きでは扱う単価や企業の信用度実績等の検討からいくつものステップを経て貴社への問い合わせへと繋がるからです。まずは、自社のホームページ内にどんな「キーワード」でどのページが長く深く見られているか?もしくはその逆に多くの訪問があるのにかかわらずたった数秒で立ち去ってしまっているかを知る事は重要です。

 

自社サイト内でココがPOINTとなる箇所を見つけたらそのコンテンツを中心にさまざまな展開(資料PDFの作成、ランディングページの作成、TwitterやFacebookへの投稿)によって潜在顧客からアクセスしてもらうように処置致します。そして定期的にメールマガジン等を利用して配布致します。次第にメルマガを通してエンドユーザーは貴社に対して信用を積み重ねて最終的には顧客への予備軍となります。

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------
○営業ルートでのWEBの活用
-----------------------------------------------------------------------------------
「営業先」=>「事前準備・リサーチが大切」=>「貴社にとってのメリット」がポイントです!

 

営業先で自社のWEBサイトをだらだら説明してもほとんどの場合は効果は無いでしょう。何故なら始めからあなたの会社のホームページを見たいかどうかは全く相手にはどうでもいい事なのです。むしろ、相手先(ユーザー)にとってメリットとなる情報のみを伝えるべきです。もし、営業先で上手にWEBを活用するのであれば、事前にそれぞれの相手先業界に合わせた営業展開のPRページとその効果実績ページを用意しておくべきでしょう。

 

もし、あなたが医薬品関連のシステム開発で相手先が薬品メーカーであれば、そこで見せるべきものはそのシステムを使うとどのように医薬業界で便利で現在抱えている問題が解決できるかを整理したWEBページを見せてあげます。そしてそのWEBページにはお客様専用のログイン用のIDとPassを設置してあげます。この資料WEBサイトは「貴社のためにあるようなものです。」を印象付けます。

 

相手側の担当者はあなたとの打ち合わせが終わった後じっくりとそのWEBページを閲覧します。具体的なメリットがあればお客は次にあなたの会社のホームページをじっくり見るはずです。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------
○展示会でのWEBの活用
-----------------------------------------------------------------------------------
「展示会」=>「動画の活用」=>「DVDとアンケート」がポイントです!

 

新商品の展示会やイベントセミナー等において多くの企業が参加するビッグサイトのような会場では来場者は既に多くのブースを廻りながら各ブースでの説明を聞いて回ります。当然多くのカタログ・資料パンフレットを数多く見ている訳です。自社にとって通意義なモノ?を探しています。

 

また、多くの来場者から直接ご意見や要望等が伺える展示会は貴重な情報収集の場所でもあります。これから新規顧客になるかもしれない来場者に対し、その悩みや相談に対応する情報を自社のWEBサイト内で伝えることは最も効果的な方法がWeb活用です。

 

動画ユーチューブ等を使って下さい。展示会でデモンストレーションをしながらその動画をユーチューブにUPしそのサイトを公開するのです。また自社サービスの動画ムービーを流しながらそのサービス内容を説明し、名刺を頂いた方に簡単なDVDをプレゼント。そのDVDの中にさらにアンケートへの協力。アンケート結果からさらにユーザーの動向・要望を知る事が出来ます。

 

フィニッシュとなる契約までの道のりに何が足りているか足りていないかを冷静に判断する事によってまた新たなるマーケットを見い出す。
展示会場で即決商談を求めるのではなく、需要を知り、その解決策を練り、自社への信頼を得てから次のサービスへのプラスアルファ―とすることが懸命です。

 

-----------------------------------------------------------------------------------
○資料ダウンロードの活用
-----------------------------------------------------------------------------------
「資料ダウンロード」=>「顧客管理」=>「PDCAサイクル・市場開拓」がポイントです!

 

皆様の会社ホームページではで資料ダウンロード無償(Free)をされていますか?無償でダウンロードされる事はユーザーにとってもいい事でしょう。その時に相手側の会社名・業種・担当部署等がわかればそれらのデータが蓄積されれば自社の顧客管理へと役に立ちます。どんな資料PDFがどれくらいどんな会社にダウンロードされているのかがわかれば資料となり、営業管理となります。今後どのように営業開拓をするべきかもその資料からヒントを生むかもしれません。

 

資料ダウンロードから蓄積された顧客の動向を知り、そこから顧客管理を通して新規客に情報発信を継続的に実施して、次なる商談展開に活用することが必要です。

 

重要な事は、新規客(ユーザー)にとってその資料を欲する理由があり、そしてその先には何らかの解決を望んでいたりその資料によって解決されることを望んでいる事もあるでしょう。その時に新規客(ユーザー)にとってあなたのWEBサイトの資料ダウンロードページは価値のあるものとなります。

 

価値のある資料がたくさんあればあるほど新規客にとってはあなたのホームページは価値のあるものへと変身し、何度でも訪れリピータとなるでしょう。このリピータをどれだけ作れるかどうかもとても大事な要素です。

 

顧客管理を考える際に一人の顧客(ユーザー)にとってあなたの企業との関係が初対面の関係から次第に親しみのある関係に移行するのには時間が必要です。その時間を埋めてくれるのがWEBサイト内のコンテンツです。その魅力的なコンテンツとして資料ダウンロードを効果的に使うのです。

資料ダウンロードから貴社への興味へ、貴社セミナーへの参加、貴社商品への問い合わせへと繋がります。

 

WEBサイトからデータ収集、分析、活用の繰り返しが重要です。その解析データを分析し、仮説をたて、検証する。

 

 


-----------------------------------------------------------------------------------
○問い合わせ(TEL・FAX・WEB)の活用
-----------------------------------------------------------------------------------
「問い合わせ」=>「顧客管理」=>「PDCAサイクル・市場開拓」がポイントです!

 

資料ダウンロードと同様に問い合わせに繋がるユーザーの動向を知る事が重要です。
自社に問い合わせあるのは
「どのような業界」の「どんな部署」「どんな問い合わせ」が多いのか?その質問に相談に対し、自社ではいつもどんな受け答えが出来ているのか?出来ていないのか?出来ていない場合には今後どのように対応するのか?

 

問い合わせフォームはユーザーにとって快適なストレスの無い動きとなっているかどうか?入力途中で脱落していないかどうか?

実際には電話の問い合わせとWEBサイトからの問い合わせではどんな違いがあるか?