BLOG

ホームページが更新出来ない 修正出来ない!

ホームページが更新出来ない 修正出来ない!
ホームページを更新したのに新しくなっていない!ホームページが更新出来ない!修正出来ない!とお嘆きのあなたへ
その理由の幾つか代表的な事をご紹介致します。

更新が出来ない!

更新が出来ない!

まずはホームページの更新・修正方法について
更新が出来ない、出来ていない場合のケースとして以下のような事が考えれます。

1.まず、そもそも技術的にさっぱりわからないケース。(FTP、サーバー、ディレクトリー等の単語を聞いた事が無い人)
2.次に今あるホームページを自分で更新したい!修正、編集したい場合です。例えばワードプレス等での編集画面によって試してみたが、転送したのに画面が変わってないケース。(実はブラウザーのキャッシュだったのを知らない)

➡キャッシュとはブラウザなどが表示したウェブページのデータ(履歴等)をご自分のコンピューター(PC)内に保存する機能の事です。このキャッシュが邪魔して画面が新しくなっていない事が多くあります。

3.転送したのに変わってないケース。(リンクが通ってなかった。階層が違っていたケース)

ホームページは複数のHTMLファイル等がリンクと言った絆で結ばれています。例えばhttp://www.one-design.jp/management/support.html
とはhttp://www.one-design.jpというWEBサイトの/management/というカテゴリーの中のsupport.htmlというファイルを指しています。


ちょうど住所のようなものです。

この中であなたがもし編集したsupport.htmlファイルをUPロードすべき場所はhttp://www.one-design.jp/management/となります。
➡これから更新しようとしているファイルのリンク先を必ずご確認してください

 

全ての作業を正しく行っているのになかなか更新されない場合に自社の社内ネットワーク内のキャッシュを見ている場合もあります。
こんな時には社内のサーバー管理者様にお願いして更新した画面が見れるようにしてください。


ブログサイトでは簡単に更新が出来ますが一方個々のページはテンプレート化されており、カスタマイズが一般の方では難しいケースが多々あります。
個人様がテンプレートの範囲内で使用するのには支障はないと思います。

問題は企業様の場合です。特に他社と差別化を図りたい場合です。

個人ブログサイトとは根本的に異なりますので、企業色・企業ブランドを出さなくてはなりません。ブログのようにテンプレート化されたホームページではなかなか他社との差別化を図りずらくなります。

テンプレートページを個別にデザインを編集したりレイアウト構成を変更するのは困難となります。

従って重要なのは自社内にてどこまで更新管理がしたいか?しなくてはいけないのか?を事前に決めてから更新手段を考えるべきです。

更新手段と更新範囲が決まってからそれでは自社のホームページはどのような更新システムを使うのかもしくは業者に依頼して更新してもらうのかをお考えください。

 

業者委託は確かに経費がかかりますが、ある意味社内スタッフに全部任せるより安く効果的な選択です。何故なら、既に知識もセンスも経験もある上で御社のホームページを作成するのですから・・・

【ホームページ更新方法】に関しての知識は必要です。ただ実践の作業に関しては皆様の出来る範囲で宜しいのではないでしょうか?つまり、専門業者に委託すべきです。

WEB更新管理

企業ホームページの更新方法について結論はホームページに関する概略的な知識・理解を持って難しい箇所は専門業者に任せ、簡単な作業だけ企業担当者が行い、常に相互で連絡を取り合い企業ホームページ更新管理を進める事をお薦めいたします。

 

 

お問い合せ