BLOG

ここが肝心!会社ホームページリニューアルのPOINT

ここが肝心!会社ホームページリニューアルのPOINT
WEBサイトデザインの目的が明確ですか?
ご自分のWEBサイトとして伝わりやすいですか?
新鮮なデザインですか?
ユーザーの心をつかんでいますか?

効果的な会社ホームページリニューアルのポイント

効果的な会社ホームページリニューアルのポイント

会社ホームページリニューアルのポイント-1

ホームページデザインはあくまでマーケティングとしてコンセプトから絞り込んでいく必要があります。

そうしないでいると結局、目的のぼやけた自画自賛の趣味のサイトで終わってしまうからです

好印象は興味へとかわり、さらに次へのページへと展開致します

昔作ったからもう変えたい!今風のホームページにしたい!はホームページの担当者であれば当然思う事であります
画像イメージだけのレイアウトはほとんど効果がありません。
誰に何を訴えているのかがわからないからです。
そこでぜひとも検討していただきたいのが画像イメージと連動するキャッチコピー(文字)です。
この2つの要素で訪問者にサイトの雰囲気とニュアンスを視覚的に伝えます。

心にのこるキャッチコピーとイメージが合体してサイトの導入口となります。

表紙(TOPページ)に使用する画像イメージは、出来るだけオリジナル画像の使用をお薦めいたします。

オリジナルデザインですか? コンセプトを持っていますか?
当方では、お客様のご要望でこのようなご相談についても承っております。

WEBデザインは印刷媒体と違って常にブラウザー上での見え方・認知のされ方が重要と成ります。
視覚的なデザイン性を図りながらその一方ではサーバーの知識・サーチエンジンの知識・ブラウザーの知識を考慮しなくてはなりません。
この点がグラフィックデザイン(印刷物・カタログ等のデザイン)と異なる点です。

インターネットが普及された頃は、多くのグラフィックデザイン会社はホー ムページを作ることはいとも簡単な作業として思っていたはずです。

しかしながら、現在ではSEO対策の知識をはじめ、構造的な知識とWEBマーケティング を把握しながらとなると、当然平面のレイアウト構成の話では済みません。
雑誌やポスターのグラフィックデザインとは異なる要素が多くあります。類似する 箇所も多くありますが、しかし、一般の方にはご自分のPC画面が全てなのでそこでの見え方がそのWEBサイトのデザインとなります。ホームページ制作者側・サイトオーナー側は常にその点に注意しなければなりません。

○美しく効果的なHPリニューアルとは
WEBデザイナーの感性とサイト管理者の責任とユーザーへの働きかけが統一の見解で構築される事が大事です。

○美しく効果的なHPリニューアルとは
WEBサイトが機能的な効果(営業訴求効果・集客効果・PR効果・マーケティング効果・情報管理)等の機能的な要素が満たされなければなりません。

〇美しく効果的なHPリニューアルとは
SEO対策などの検索エンジン対策の知識からはじまりサイトオーナーに代わり適切な知識と判断によってサイトの目的となる「結果」に対してのデザインを考慮しなければなりません


○美しく効果的なHPリニューアルとは
常に変化し続けるネット社会の中で正しい情報公開と利便性に基づき機能的なデザインを考慮しなければなりません。

 

 

 

お問い合せ