BLOG

どうしたら問い合わせが来るか?Part-1

どうしたら問い合わせが来るか?Part-1
あなただったらどんなキーワードでどのようなページだったら問合せしますか?ホームページをリニューアルしたけど全然問合せが無い!

「興味がないところに問い合わせはありません。」

「興味がないところに問い合わせはありません。」
  1. 選んだキーワードが本当に適切かどうか?
  2. 同じキーワードで他社のページと比較して見劣りしないか?
  3. リニューアルを企画したときに具体的なターゲットを決めて絞り込んでキーワード設定をしたか?
  4. 絞り込んだテーマに対して充分な内容(文章・画像・他)が揃っていますか?
  5. 同様なキーワードでの競合他社のサイトリサーチは済んでいましたか?
  6. 問合せにつながるようなメリットが書かれているか?
  7. 貴社の特徴やPRがきちっと伝わっていますか?
  8. 商品を売ろうとしすぎていませんか?
  9. 相談を受ける社内の体制は整っていますか?

YAHOOやGOOGLEでは検索されたキーワードで結果を表示します。ここまではSEO対策の話です。

問題はこの先に重要なPOINTがあります。

YAHOOやGOOGLEの検索結果で出るだけでは実は成功では無いのです。むしろスタート地点にやっと立てただけの話なのです。

BIGなキーワード=売上げ直結とは限りません。

【あなただったらどんなキーワードでどのようなページだったら問合せしますか?】

訪問者が問い合わせするのには当然それなりの「理由」があります。

主な理由としては

    「情報」をもっと知りたい。
    「実際にはどうなのか詳しく知りたい。
    「担当者に逢って直接確認がしたい。

貴社のホームページがAさんの眼に止まり何か気になった、興味があった、もっと知りたくなった、その先に問い合わせがあります。

つまり、貴社のホームページに「興味」があるので問合せをするのです。

「興味がないところに問い合わせはありません。」

お問い合せ